« 第三百七十五回犬山祭 | トップページ | 飲酒運転 »

2009年8月13日 (木)

八王子まつり

Simg_3875 九日の日曜は八王子へ足を運び祭りを見物してきた。八王子は都心から移転した大学が多く存在する町で、大学の町と言つてもよいくらゐであるが、江戸時代から続く山車祭りが今でも盛大に行はれてゐる。

全部で十九輌ある八王子の山車は周りが多くの彫刻で飾られてゐるところが特徴であるが、その作りは概ね関東で一般に見られるやうなもので、その上にはそれぞれ囃子方と踊り手が乗り、町の角々で滑稽な手踊りを披露することになつてゐる。そして、夜になるとその巡行と曳き合はせが行はれ、祭りはクライマツクスに至るのである。

実を言へば、八王子の祭りを見物するのは今回が初めてであつたが、川越や秩父とはちよつと違ふ、江戸に近い農村であつた昔の風情を残してゐるやうな、イナセな部分とゆつたりまつたりしてゐる部分が混じりあつてゐる祭りを大いに楽しませてもらつた。この地域は開発がどんどんと進んでゐて人の移動も激しいと思ふが、このまま伝統ある行事を後世まで規模を縮小させることなく存続させていつてほしいものである。

|

« 第三百七十五回犬山祭 | トップページ | 飲酒運転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126829/45919753

この記事へのトラックバック一覧です: 八王子まつり:

« 第三百七十五回犬山祭 | トップページ | 飲酒運転 »