2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 或る野球選手の引退 | トップページ | 或る野球選手の引退 其の二 »

2009年9月30日 (水)

ぴょん、ぴょん、ぴょん、ぴょん、ぴょん。

03215 LPSAの詰め将棋カレンダーが届いたので、とりあへずざつとめくりながら幾つか面白さうなものを解いてみた。すると、その中で眼を引いたのが船戸陽子女流作の1手詰である。これがなかなか面白かつた。

面白いと言つても、問題そのものではない。それに附された彼女のコメントが可笑しかつたのである。

問題自体は、桂馬が一回王手に跳ねるだけの、駒の動かし方を知つてゐる人なら誰でも解けるやうな“チヨー”簡単な1手詰である。だが、それを作つた彼女のコメントが秀逸であつた。、コメント欄にはただ一言、「ぴょん」と書いてあるだけで、これには思はず笑つてしまつた。

「ぴょん」といふのは桂馬の跳ねる様を言ひ表してゐると思はれるが、その易しい問題にぴつたりの表現であるうへに、将棋を教へてゐる生徒をからかふやうな感じでその短い言葉を発する船戸女流の少し茶目つ氣のある笑顔がなんとなく想像されたからである。

と言つても、私は彼女のことをよく知つてゐるわけではない。彼女が「早指し将棋選手権」の読み上げをしてゐた頃からテレビなどを通じてその姿を度々拝見してゐるが、面識は無いので、その人柄もよく知らない。ただ単にその風貌や言動から受ける感じから想像したまでのことである。

だが、いづれにしても、今度の彼女の詰将棋とそのコメントは彼女の“人となり”のかなりのところを物語つてゐると言へるのではなからうか。私は以前から、彼女は明るい大らかな性格で、自由奔放な生き方を好むやうな女性ではないかと想像してゐたが、それは間違つてゐなかつた、そんな氣がするのであるが・・・。

さて、図の詰将棋はその船戸女流の問題と同じやうに桂馬が活躍する。合計5回跳ねることになるので、船戸流のコメントを附けるなら「ぴょん、ぴょん、ぴょん、ぴょん、ぴょん」である。

さう言へば、ぴょんぴょん将棋といふものがあつたやうな・・・。

なほ、前回の詰将棋の解答は▲1六飛△1七桂▲9九飛成△2八玉▲8八龍△2七玉▲3八角成△1八玉▲2八馬まで9手詰である。

« 或る野球選手の引退 | トップページ | 或る野球選手の引退 其の二 »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。桂之介さんの駒箱には玉と角と桂しか入っていないと思っていましたが歩も入っているのですネ(笑)。
ところで桂之介さんは横浜フアンですか中日フアンですか?それとも…。

三歩人さんはまうお判りと思ひますが、最後の3手の余詰を消すために歩を補いました。

>横浜フアンですか中日フアンですか?

小さい頃は親父の影響で巨人ファンでしたが、長島が引退する頃には何故だか中日ファンになつてゐました。与那嶺監督で優勝したときには関東でテレビ放映が無いのでラヂオに釘付けになつてゐた覚えがあります。因みに、私の出身高校は野球では無名の高校ですが、中日に入り活躍した選手が二人居ます。過去の優勝にも大きく貢献しました。私の素性が判るので詳しくは言へないですが。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぴょん、ぴょん、ぴょん、ぴょん、ぴょん。:

« 或る野球選手の引退 | トップページ | 或る野球選手の引退 其の二 »