2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« シンフオニーホールの上原ひろみ | トップページ | Lee Konitz And Michel Petrucciani / Toot Sweet »

2010年12月24日 (金)

桂之介の詰将棋 其の二十四

20101224


大学を出て會社勤めをするやうになつても私の将棋道場通ひは続いてゐた。そして、その頃のことである。道場には時々画像の乱れる古いテレビが一台置いてあつたが、土曜日曜の午後になると、そのブラウン管の前に陣取つて、ただ馬が走るのを映すだけといふ、関心の全く無い者には早朝の試験放送と同じくらゐ退屈な放送にじつと眼を凝らしてゐる者が必ず何人か居た。つまり、彼等は競馬中継を見てゐて、自分の買つた馬券が金になるか紙屑になるか見極めようとしてゐたわけであるが、そのやうな男たちの中に、プロ棋士の田中寅彦によく似てゐるところから、常連から「寅さん」といふニツクネームで呼ばれてゐる、田淵といふ、私より二つ年上の男が居た。

田淵は中堅の證券會社に勤めてゐて、その業界では遣り手の営業マンとして通つてゐたが、かなりの競馬好きで、道場でも紙面に数字と印のやけに多い特殊な新聞を片手に、同じ趣味を持つ連中と、走力が衰へれば食肉になることを心配しなければならないやうな可哀相な動物に関する話で盛り上がつてゐることが多かつた。だが、学生時代は将棋部の主将を務めてゐたと言ふだけあつて、彼の棋力はなかなかのものであつた。道場では四段で指してゐたが、その頃道場に時折顔を出してゐた都名人のA 氏とはいつも互角の勝負をしてゐたのである。ところが、そのやうな彼と私は対局することは余り無かつた。何故なら、彼が私との対局を避けてゐたからである。そして、私にはその理由が判つてゐた。彼にとつて私は言はゆる、合口の悪い相手であつたからである。

私はもともと攻めるのが好きであつたが、田淵と指す場合は端(はな)から受けに廻ることが多かつた。何故なら、格別強いわけでもない三段の私が攻めても攻め切れないことが判つてゐたからである。ところが、一旦、徹底した受けに廻ると、私は自分でも驚くほど強さを発揮することができた。そして、その結果、攻めあぐねた彼は悪手を指すことが多くなり、結局、私が勝つてしまふといふ具合であつた。といふわけで、格下の私に負けるのが嫌なのか、彼は私と将棋盤を挟んで向き合はうとはせず、当然ながら、二人の関係は挨拶程度の言葉しか交はさないものであつた。

ところが、人間同士の結びつきといふものはどこでどうなるか全く判らないもので、暫くして、私と田淵は、昔から附き合ひのある友人同士のやうに、親しく言葉を交はす間柄になつた。そして、それは或るちよつとした出來事がきつかけであつた。或る日、私が学生時代に通つてゐた新宿のとあるジヤズ喫茶に久し振りに顔を出したときのことである。紫煙の立ち込める薄暗い店内のカウンター席に腰を降ろすと、隣に座つてゐた男が直ぐに私に声をかけてきた。それが他の誰でもない田淵で、私は大いに驚くことになつた。そのやうな場所で彼のやうな将棋や競馬といつた勝負ごとの好きな證券マンと顔を合はせることがあるとは思つてもみなかつたからである。いつであつたか、喫茶店の男性用トイレに入らうとしたら、そこから若い女性が出てきて、とても吃驚したことがあつたが、私がそのときの田淵に感じた意外性はそれと同じやうなものであつた。

そして、更に驚いたことは、そのとき彼が私に洩らした何氣無い言葉であつた。そのとき、店内に流れてゐたのはマニアツクなジヤズフアンしか知らない、或る無名のジヤズピアニストのレコードであつたが、それをリクエストしたのは自分であると彼は私に告げたのであつた。すなはち、彼のその言葉は彼がジヤズに詳しいといふことを明らかにするものであつたが、同時に、ミユージシヤンの好みが私と余り違はないといふことも意味した。何故なら、そのとき店内に流れてゐたレコードは私も大好きで、学生時代によくリクエストしたもののひとつであつたからである。

いづれにしても、そのやうなことから、二人の話が弾んだのは言ふまでもなかつた。それから、私たちは、話し込んでも周りに迷惑をかけることの無い喫茶店に場所を移して雑談を続けることになつた。そして、そのときの會話から、音楽だけでなく、映画論や作家論といつたやうなものに関して、彼は私と氣の合ふところの多い人物といふことが判つたのであつた。

といふわけで、そのことがあつてから、私と田淵は親しく声をかけ合ふことが多くなつたが、二人の結びつきを更に強めたのは競馬であつた。私はもともとギヤンブルが好きであつたから、田淵に勧められて馬券を購入するやうになるまでに時間はかからなかつた。そして、或る日、大穴を当ててから、天下り法人へ支払はれる競馬會の交附金を潤すことに貢献する私の個人的運動に拍車がかかるやうになつた。最初は場外馬券賣場へ出向く田淵に馬券の購入を依頼するだけであつたが、そのうち、二人で競馬場まで足を伸ばすやうになつた。そして、その競馬場遠征を誘ふのは私のはうが多かつたのである。(つづく)

図は自作の詰将棋です。


« シンフオニーホールの上原ひろみ | トップページ | Lee Konitz And Michel Petrucciani / Toot Sweet »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂之介の詰将棋 其の二十四:

« シンフオニーホールの上原ひろみ | トップページ | Lee Konitz And Michel Petrucciani / Toot Sweet »